Fire TV Stick 4Kレビュー。リモコンで電源ON/OFFと音量調整が可能に

2018年12月12日にAmazonから発売されたFire TV Stick 4Kを使ってみた感想。新型のAlexa対応音声認識リモコンのおかげでテレビの電源のON・OFFや音量調整が一つのリモコンで可能に。4K画質の映像が観られるだけでなく、Echoシリーズと連携するとハンズフリーでテレビの操作も出来ます。

広告

さっそく開封してみた

Fire TV Stick 4Kの箱

Fire TV Stick 4Kの箱

4Kや様々なアプリに対応。「Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)」も付属

4Kや様々なアプリに対応。「Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)」も付属

Alexa、4K UHD、HDR、DOLBY VISION・ATMOS、802.11AC WIFIに対応。CPUはクアッドコア。

Alexa、4K UHD、HDR、DOLBY VISION・ATMOS、802.11AC WIFIに対応。CPUはクアッドコア。

同梱内容はFire TV Stick 4K本体、リモコン、単4電池2個、電源アダプタ、USBケーブル、HDMI延長ケーブル

同梱内容はFire TV Stick 4K本体、リモコン、単4電池2個、電源アダプタ、USBケーブル、HDMI延長ケーブル

インターネット接続環境とテレビは必須。4K映像を楽しむには4K対応のテレビが必要です

インターネット接続環境とテレビは必須。4K映像を楽しむには4K対応のテレビが必要です

入っていた物

入っていた物

この状態でテレビに接続します

この状態でテレビに接続します

他のものが物理的に干渉してテレビ側のHDMIポートに挿せない場合は、付属品のHDMIケーブルを使います(こうすることでWiFiに繋がりやすくなることも)

他のものが物理的に干渉してテレビ側のHDMIポートに挿せない場合は、付属品のHDMIケーブルを使います(こうすることでWiFiに繋がりやすくなることも)

テレビとの接続のイメージ

テレビとの接続のイメージ

あとは画面の操作通りにセッティングすればホーム画面が出てきます

あとは画面の操作通りにセッティングすればホーム画面が出てきます

リモコンが超便利に

Fire TV Stick 4Kをさっそく使ってみました。まず、リモコンがとても便利になりました!

Fire TV Stick 4Kを買うと一緒に付いてくる「Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)」

Fire TV Stick 4Kを買うと一緒に付いてくる「Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)」

前世代のFire TV Stickのリモコンとの違いはボタンの多さ。新しいリモコンの「Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)」では、テレビの電源のON・OFF、音量の上げ下げ、消音が可能になりました。

左が新しいリモコン、右が前のリモコン

左が新しいリモコン、右が前のリモコン

「Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)」のボタン配置とその説明

「Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)」のボタン配置とその説明

「Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)」ならリモコン一つでテレビの操作が出来るので、明らかに前よりも圧倒的に便利です。

前のモデルのリモコンだと「Alexa対応音声認識リモコン」と「テレビのリモコン」の両方を持っていないとテレビを完全に操作することは出来ませんでした。

また、「Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)」では前のモデルのリモコンよりも大きさが少しだけコンパクトになりました。

「Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)」の一番左上にあるのがテレビの電源を操作するボタン

「Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)」の一番左上にあるのがテレビの電源を操作するボタン

+を押すことで音量を上げて、-を押すと音量が下がります。ミュートボタンもあります

+を押すことで音量を上げて、-を押すと音量が下がります。ミュートボタンもあります

本体は熱暴走せず。従来通りコンパクトなスティック型

Fire TV Stick 4K本体はFire TV Stickシリーズ同様に棒状で超コンパクトな大きさ。

Fire TV Stick 4K本体

Fire TV Stick 4K本体

USBケーブルを挿す穴

USBケーブルを挿す穴

Fire TV Stick 4KのHDMI端子

Fire TV Stick 4KのHDMI端子

付属のリモコンや単4電池と大きさを比較してみると一目瞭然です。

Fire TV Stick 4Kは付属のリモコンよりも小さい

Fire TV Stick 4Kは付属のリモコンよりも小さい

この本体をテレビにあるHDMIポートに接続すればセッティングはほぼ完了です。

Fire TV Stickシリーズと言えばその小ささゆえに発生してしまう熱暴走が心配になってきますが、Fire TV Stick 4Kでは今のところ問題のないレベルです。

Amazonプライム会員なら追加料金無しで視聴できる4K UHDの海外ドラマを何時間か視聴しても、本体はほんのり暖かい程度。この調子だと本体にヒートシンクを貼り付ける必要はなさそうです。

しかしそのままで長期間使用し続けると、ヒートシンク無しではやはり故障の可能性は上がってくると思われますので、心配な人はヒートシンクを付けるといいでしょう。

Fire TV Stickの発熱問題を解決!熱いからヒートシンクを付けたら動作が快適に

2017.03.03

Echoシリーズとの連携はちょっとだけ便利

Fire TV Stick 4Kの発売後に最新アップデートが当てられて、Fire TV StickシリーズはAlexaに対応するようになりました。

基本的にはリモコンにあるマイクボタンを押して「アレクサ、今日の天気を教えて」や「アレクサ、ドキュメンタル(番組名)をつけて」と言えば結果をテレビに表示してくれます。

他にも視聴している番組を早送りしたい場合は「アレクサ、10分スキップして」と言えばそのとおりにしてくれます。

自宅に既にAIスピーカーのEchoシリーズを設置している場合は、EchoシリーズとFire TV Stick 4Kが連携します。連携することによるメリットはマイクボタンを押さなくてもAlexaが反応してくれることです。

Alexaに対応したスピーカーの一つである「Echo Dot」

Alexaに対応したスピーカーの一つである「Echo Dot」

例えばテレビの近くにEchoがあるとマイクボタンを押さなくても「アレクサ、30秒スキップして」と言えば視聴中の番組が30秒スキップします。

また、テレビが点いていない状態で「アレクサ、ドキュメンタル(番組名)を付けて」や「アレクサ、Hulu(アプリ名)をつけて」と言えばテレビの電源が入って番組が再生されたりアプリが開いた状態になります。

Fire TV StickシリーズとEchoシリーズの連携は使いようによってはとても便利です。しかし番組をある程度の秒数スキップするなど、最初からリモコンを使った方が早いこともあります。

Fire TV StickシリーズとEchoシリーズとの連携は基本的に自動的に完了します。細かい部分はスマートフォンにインストールできるAlexaアプリで調整します

Fire TV StickシリーズとEchoシリーズとの連携は基本的に自動的に完了します。細かい部分はスマートフォンにインストールできるAlexaアプリで調整します

4K対応Fire TVと同程度の性能かも

Fire TV Stick 4Kは前世代のFire TV Stickよりは高性能でサクサクと動作しますが、少し前まで販売されていた4K対応のFire TVと同程度の性能かもしれません。

よって、既に4K対応のFire TVをお使いの人はわざわざFire TV Stick 4Kに買い換えることはしなくてもいいでしょう。4K対応のFire TVでも最新アップデートでAlexaが使えるようになっているはずですし、特に困ることもないはずです。

買い換えるメリットがあるとすればそれはFire TV Stick 4Kに付いてくる「Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)」です。テレビの電源も音量もリモコン一つで操作できるのは非常に楽です。

動画を楽しむまでの手順

Fire TV Stick 4Kをテレビに繋げたら、まずはリモコンのホームボタンを10秒ほど押し続けて本体とリモコンをペアリング(連携)させます

Fire TV Stick 4Kをテレビに繋げたら、まずはリモコンのホームボタンを10秒ほど押し続けて本体とリモコンをペアリング(連携)させます

言語は日本語を選択(英語なども可)

言語は日本語を選択(英語なども可)

Amazon.co.jpで購入する際に使用したアカウントと既に紐づけされているはず。続行を選択します

Amazon.co.jpで購入する際に使用したアカウントと既に紐づけされているはず。続行を選択します

機能制限を有効にするのは後からでも出来ます

機能制限を有効にするのは後からでも出来ます

お子さんがいる場合は機能制限を有効にして商品の購入を防いだ方がいいでしょう

お子さんがいる場合は機能制限を有効にして商品の購入を防いだ方がいいでしょう

リモコンがちゃんと機能しているか確認

リモコンがちゃんと機能しているか確認

Fire TV Stick 4Kの大まかな使い方を学ぶためのムービーが流れます

Fire TV Stick 4Kの大まかな使い方を学ぶためのムービーが流れます

必要なアプリを選択します。アプリは後からでも追加できるのでスキップしてもOK

必要なアプリを選択します。アプリは後からでも追加できるのでスキップしてもOK

次にホーム画面が出現します。後は好きなアプリを入れて、見たい動画を観ましょう

次にホーム画面が出現します。後は好きなアプリを入れて、見たい動画を観ましょう

YouTubeは専用のアプリが無いので、SilkブラウザかFirefoxブラウザを通じて視聴することになります

YouTubeは専用のアプリが無いので、SilkブラウザかFirefoxブラウザを通じて視聴することになります

Silkブラウザを使えばテレビの画面でネットサーフィンが可能

Silkブラウザを使えばテレビの画面でネットサーフィンが可能

SilkブラウザでAmazon.co.jpのページを開いてみた

SilkブラウザでAmazon.co.jpのページを開いてみた

YouTubeアプリの画面

YouTubeアプリの画面

YouTubeでも4Kに対応している動画なら4Kで視聴可能です

YouTubeでも4Kに対応している動画なら4Kで視聴可能です

Amazonプライム・ビデオの場合、4K対応の作品がUltra HD(4K)になるまで10秒ほどかかります(インターネット環境により4Kになる速さが変わります)

Amazonプライム・ビデオの場合、4K対応の作品がUltra HD(4K)になるまで10秒ほどかかります(インターネット環境により4Kになる速さが変わります)

安定した4K画質のためならネットは有線で

Fire TV Stick 4KはWiFiを利用できるのでインターネットは無線でも可能ですが、有線の方が比較的画質が安定します。

別売りの「Amazon イーサネットアダプタ」を追加購入することで、Fire TVシリーズは有線接続でネットに繋げられます。

AmazonイーサネットアダプタでFire TVを有線LANでネット接続し、高画質を安定化させる方法

2017.11.01

上記の「Amazon イーサネットアダプタ」は新型のFire TV Stick 4Kでも利用可能でした。

まとめ

  • Fire TV Stick 4Kは新型のリモコンが便利
  • 4K映像も問題なく視聴可能
  • 熱暴走は今のところ問題無し
  • Echoシリーズと連携すればハンズフリーで操作可能
  • 高性能なので動作はサクサク
  • 6,980円と4K画質で観られるデバイスとしてはコスパ最高
  • 4K対応のFire TVを持っているなら買い替えしなくてもいいかも

要約すると上記のような感じになります。個人的に一番嬉しいのは新しいリモコンですね。

テレビの電源のON・OFFや音量調整が一つのリモコンで出来るようになっただけでテレビの操作がかなり楽になりました。

Fire TV Stick 4KとApple TV 4Kとの比較もしています↓

Fire TV Stick 4KとApple TV 4K、どっちを買えばいいのか徹底比較

2018.12.11