【2019年版】バス釣り未経験者・初心者におすすめのベイトリールまとめ

これから釣りを始めようと思っているバス釣り未経験者や初心者にうってつけの、コストパフォーマンスの高いベイトリールを紹介。釣具メーカーはシマノやダイワ、アブガルシア等がありますが、迷ったらシマノを選びましょう。

広告

遠投ならシマノのベイトリール

SLX MGL

コストパフォーマンスの高さで選ぶなら「SLX MGL」です。実売価格16,000円で買えて、軽いルアーから重いルアーまでほぼ何にでも使えます。

実売価格16,000円なのに「NEWマグナムライトスプール」搭載なのが嬉しいところ。軽量級ルアーや軽めのワームが気持ちよく飛んでくれるはず。

スコーピオン MGL

SLX MGLよりさらに上のベイトリールがいいなら「スコーピオン MGL」がいいでしょう。

「スコーピオン MGL」はNEWマグナムライトスプールの他に「マイクロモジュールギア」が搭載されています。マイクロモジュールギアが搭載されているリールは巻き感が滑らかです。

このマイクロモジュールギアは本来、高級機種にしか搭載されていないのですが、コストパフォーマンスの高いスコーピオン MGLに搭載されるようになりました。

また、太めのライン(16lb〜20lb)も100mほど巻けるのでビッグベイトなど大きくて重いルアーを投げたいならSLX MGLよりもスコーピオン MGLを選ぶべきです。

トラブルレス性を重視するならダイワのベイトリール

バス X

「バス X」も2019年発売ですが、本当にお金をかけたくない人向けです。重さは195gと軽量な方で、実売価格は7,000円ほどでトップクラスに安価です。これから釣りを始める人にはうってつけです。

19 タトゥーラ TW

コストパフォーマンスが高く、それでいてタフなベイトリールが欲しいなら「タトゥーラ TW」がベストでしょう。太めなラインもある程度巻けるので、ビッグベイトなどの大きめなルアーも問題なく投げられます。

ギア比はノーマルの6.3、ハイギアの7.1、エクストラハイギアの8.1とありますが、初心者であればハイギアの7.1を選ぶのが無難です。

【インプレ】19タトゥーラTWはバス釣り初心者には超おすすめだけど…

2019.02.24

最初からトップクラスの高級機種を使いたいなら…

シマノ 19 アンタレス

19 アンタレス

メカニカルブレーキノブ(蓋)が付けにくいことだけを除けば最高のベイトリールです。軽量ルアーからビッグベイトまで投げられて、遠投性能・剛性も高く、それでいて高級感もあってカッコいい…。

DCブレーキが搭載であれば初心者にもおすすめできる機種ではありますが、それでも遠心ブレーキくらいは慣れれば簡単です。

ただやはり価格がエントリーモデルと比較してもべらぼうに高いです。しかし長く釣りをするなら最初からハイエンドな物を使用するのが最も得という考え方もあります。

【正直インプレ】シマノ19アンタレスの悪い所・良い所

2019.04.17

シマノ 18 アンタレス DC MD

バス釣りから海釣り、はたまた怪魚釣りにも使える最強にタフなベイトリールです。DCブレーキにはビッグベイトをストレスなく飛ばせる設定もあり、重たいルアーを快適に投げられます。

しかし特筆すべきは万能なベイトリールであるという点でしょう。基本的には太いラインを巻いて大きいルアーを投げられるように設計されていますが、最低5gくらいの軽いワームも全然投げられます。(もちろん飛距離は軽量ルアーを投げることに特化したリールには負けますが)

個人的には19 アンタレスよりも使用頻度が多く、ほぼどんな釣りにでも使えるのでめちゃくちゃ重宝しています。

18アンタレスDCMD実釣インプレ。16アンタレスDCと比較してレビュー

2018.04.19