iPhoneのイヤホン・ヘッドフォンジャックアダプタの問題点と解決方法

iPhoneを買うと付いてくる「Lightning 3.5mm イヤホン・ヘッドフォンジャックアダプタ」の問題点を簡単かつ分かりやすく紹介。音量を変更できるリモコン付きのイヤホンだと急に音が一時停止したり、曲がスキップしたりします。もうBluetoothイヤホンに移行した方が長い目で見てお得かもしれません。

広告

AppleはiPhone 7以降からイヤホンジャックを廃止しました。その後、iPhoneユーザーはイヤホンで音楽等を聞きたい場合は、iPhoneを買うと付いてくる「Lightning 3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ」を利用する必要が出てきました。

Lightning 3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ

Lightning 3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ

ヘッドフォンジャックアダプタがあれば問題は解決と思いきや、その後も問題が発生。iPhone 7以降からヘッドフォンジャックアダプタを使ってきて困ったことをまとめてみました。

ヘッドフォンジャックアダプタの問題点とは?

リモコン付きのイヤホンだと音が止まったりする

イヤホンの中には音量を調整できるリモコン(コントローラー)が付いている物があります。例えばiPhoneの付属品である純正のイヤホンや、オーディオテクニカから発売されているiPhone用のイヤホンなどがそうです。

しかしリモコン付きのイヤホンを、ヘッドフォンジャックアダプタを通して使用すると音が急に一時停止になったり、勝手に次の曲にスキップしたり、前の曲に戻ったりする現象が発生することがあります。

この問題は新しいヘッドフォンジャックアダプタに買い換えると解決するのですが、結局ある程度ヘッドフォンジャックアダプタを使うと問題は再び発生します。

この「iPhone用のイヤホンをヘッドフォンジャックアダプタを通して使うと音が止まったりする問題」は、接点復活スプレーを使ってヘッドフォンジャックアダプタの内部やイヤホンの接続部分(金色の部分)にある汚れを取っても解決不可能でした。

なので、根本的に問題を解決するにはBluetooth対応の無線イヤホンを使うか、リモコンが付いていない普通のイヤホンを使うくらいしか方法がないのが現状です。

断線しやすい

ヘッドフォンジャックアダプタは断線しやすいです。その原因は単純にヘッドフォンジャックアダプタのケーブルが柔らかいためだと思われます。

ケーブル部分はかなりクネクネします。ウォーキングやランニング、または釣りをしている時に音楽やラジオを聞く人は、ヘッドフォンジャックアダプタを白いガムテープなどでぐるぐる巻きにして補強することをおすすめします。

オシャレからは程遠くなりますが、これをするだけで断線する確率が限りなく減ります。断線するたびにヘッドフォンジャックアダプタを買い換えるのはコスト的に見合わないでしょう。

音質が悪くなる

ヘッドフォンジャックアダプタを通して音楽を聞くとあることに気づく人がいるかもしれません。それは「ヘッドフォンジャックアダプタを使うと音質が悪くなる」という事実です。

もしXperiaなどのAndroid端末を持っていれば同じイヤホンでiPhoneと音楽の聴き比べをしてみてください。ヘッドフォンジャックアダプタを通して聞くiPhoneの音質の方が若干悪いのが分かるはずです。

ただし、ちゃんとしたオーディオメーカー(オーディオテクニカなど)の最低3,000円以上のイヤホンを使っていれば音質の悪さはある程度軽減されます。

また、耳のほうがiPhoneの音質に慣れて「音質なんかこれで十分」と納得するはず。なのでiPhoneの音質はそれほど気にする必要はないと思います。そもそも、音質にうるさいオーディオマニアはたぶんiPhoneは利用していないでしょう。

解決方法まとめ

ヘッドフォンジャックアダプタをガムテープで巻く

まだヘッドフォンジャックアダプタに問題が起きていないなら、断線を防ぐためにガムテープでヘッドフォンジャックアダプタのケーブル部分を巻きましょう。

他の人にガムテープが巻かれていることに気づかれないように、白いガムテープで巻くことを推奨します。

白いガムテープで補強されたヘッドフォンジャックアダプタ

白いガムテープで補強されたヘッドフォンジャックアダプタ

イヤホンをトップコートで塗る

リモコン付きのイヤホンを使っていて、曲がスキップされたり一時停止になったりする場合は、イヤホンの接続部分をトップコート(爪に塗る透明の液体)で塗りましょう。

そうすることでたまに一時停止になるくらいになりますし、ストレスもかなり軽減されます。トップコートは100円ショップで買えます。

トップコートを塗る部分はイヤホンの金属部分にある黒い線です。1本だけ塗ります。他の線にまで塗ってしまった場合は爪でトップコートを剥ぎ取れば大丈夫です。

黒い線が3本ありますが、1本だけ塗ります

黒い線が3本ありますが、1本だけ塗ります

塗ったら後は30分ほど待つだけです。

ヘッドフォンジャックアダプタを買い換える

断線したら新品のヘッドフォンジャックアダプタを買うしかありません。次からはガムテープで補強しましょう。というより、テープなら何でも大丈夫です。

新品のヘッドフォンジャックアダプタの方が音質が良い気がしますが、これは勘違いでしょうか…。

最後に:もうBluetoothイヤホンの時代かも

リモコン付きのイヤホンを購入してかなり後悔しています。iPhone対応と表記されていたので安心しきっていたのですが期待は悪い意味で裏切られました。

具体的に言うとオーディオテクニカのiPhone用のイヤホンをiPhone Xで使ってみたのですが、音が飛びまくりで、なおかつ曲をスキップしすぎ、と全く使い物になりませんでした。

イヤホンの接続する部分(金色の部分)の黒い線の1本だけをトップコートで塗ると問題はほぼ解決しましたが、それでも曲がたまに一時停止になったりします。

だから今後は本格的にBluetoothイヤホンに移行するつもりです。ただしオーディオメーカー各社がBluetoothイヤホンを発売していますが、レビューを読んでみると「人混みだと音が途切れる」「電池が全然持たない」「音質が悪い」という指摘が散見されます。

なのでBluetoothイヤホンは長い間見送っていたのですが、オーディオテクニカが遂にケーブル無しの完全ワイヤレスなBluetoothイヤホンATH-CKS7TW」を発売すると聞いてワクワクしています。

ATH-CKS7TWはクリアな音を奏でてくれるSOLID BASSシリーズで、「最大約8時間、充電ケースの併用で最大20時間の長時間リスニングが可能」、ハンズフリー通話も可能とのこと。これは一度試してみる価値があるかもしれません。

なんと言ってもSOLID BASSシリーズですからね。使ったことがある人もいますが、SOLID BASSシリーズの音は本当に素晴らしいですよ。一度他社のイヤホンに移行したことがありますが、その時にSOLID BASSシリーズの凄さに気付かされて、結局SOLID BASSシリーズに戻ってきました。

Bluetoothイヤホンがまだ必要ないなら、オーディオテクニカのATH-CKS550X(実売価格約3,000円)がいいでしょうね。まだiPhoneを買った時に付いてくるイヤホンしか使ったことがないならとにかく使ってみてください。SOLID BASSシリーズは一番安いモデルでもめちゃめちゃ良い音が出ます。次元の違いを実感できるはずです。

さらなる音質を求めるならATH-CKS770X(実売価格約8,500円)でしょうか。SOLID BASSシリーズは基本的に値段が高ければ高いほど音質も高くなります。個人的にはその上のATH-CKS990Xの発売も楽しみにしています。