トラウマ級の大傑作アニメ『日本沈没2020』感想【Netflix/ネタバレ有り】

【ネタバレ有】評価→「今すぐ観ろ!!」。ネットフリックスオリジナルシリーズのアニメ「日本沈没2020(Japan Sinks: 2020)」が恐ろしいくらいに面白い。そしてトラウマになる。なぜ面白いのか考察。監督は「夜明け告げるルーのうた」「四畳半神話大系」「映像研には手を出すな!」の「湯浅政明」氏。

広告

一気に最後まで観てしまう面白さ

普段アニメは全く観ないのですが、この「日本沈没2020」に限っては異常な面白さでした。興味本位で1話目を観てみたら、気付いた時には最終話の10話目を観終わってました。なにこれ怖い。

「日本沈没2020」はそのタイトル通り、日本が沈没する物語を描いたアニメです。しかし子供には見せられないようなシーンがいくつかあります。地震の恐ろしさや災害に備える名目なら、教育上非常に有意義な作品かと思います。しかし性的描写や(本当に際どいのが数秒程度ある)、オカルト的描写、非現実的な描写がいくつかあり、家族と一緒に見ると気まずくなります。一人で”集中して”見ましょう。

以下、ネタバレ注意。

ご都合主義的なのに…

確かにこの作品には「そんなのありえんだろ」とツッコミたくなるような非現実的なシーンがいくつかあり、リアリズムを究極的なまで追求する人にはその非現実さに辟易するかもしれません。

でも、面白くなかったですか?最後まで観たくなったのではないでしょうか。私はそうでした。

主人公のお父さんが不発弾で即死したり(あれには度肝を抜かれました)、2020年の日本ではまだ大麻の所持は合法化されていないのに、大麻で栄えた町が急に出てきたり、その町の権力者が他人の持ち物を触るだけで死んだ人の声が実際に聞けたり、地震を予知できる有名な学者がその大麻の町に”たまたま”寝たきりの状態で寝込んでいたり…。(※SF小説が原作とのことですが原作崩壊してるらしい)

ご都合主義的と言えばそれで終了ですが、それでも「日本沈没2020」は面白かった(おかしな部分も丸々全部含めて)。あくまでも主観的な見方になりますが、それだけは間違いなかったです。

補足
原作は1973年に発表されたSF小説の「日本沈没」。作者は「小松左京」氏。

地震というリアル

じゃあなんで面白かったのか?恐らくその理由は我々が「地震が当たり前の日本」で暮らしているからだと思います。だからこそ感じるリアリティがあるのでしょう。

正直、どういった理由であれ日本が沈没するなんて荒唐無稽でバカバカしい。存在という言い方はおかしいかもしれませんが、でも日本では地震は常に身近な存在として捉えられているし、津波が来て水位が上がって陸の孤島になる…なんてシーンの時は「全然ありえなくないよな」と素直に現実的なものとして受け入れられました。

地震や津波、ちょっと強引な場面もありましたが人の死はあっけなく、そして急に訪れるものとして描かれています。普通、映像作品の場合だと誰か一人が死ぬとしてもその作品が盛り上がるような描かれ方で死んでいくことが多いですが、「日本沈没2020」は普通とは真逆。あっけなく死んでいきます。

死ぬ時は容赦なく死ぬ。そこに異様なリアリティを感じるのです。まぁ、オカルトな側面もかなり強く感じましたが、そこはご愛嬌でしょう。とはいえ、日本が沈没するような事態になれば神にすがりたくなる気持ちは分かる気がします。不幸が連続で訪れたら心の余裕を持つことさえきっとできないでしょう。

だからこそ主人公の父と母の「どんな時も楽しもう」という生きる姿勢が輝かしく見えるのです。実際に災害が起きればそんな姿勢が存在することさえ頭から抜け落ちてしまうのではないでしょうか。

人間の強さ・弱さ

「日本沈没2020」では人間の強さと弱さ、その両面を浮き彫りにしています。人間の弱さの象徴として強く描かれているのは差別でしょう。日本人以外は船に乗せない。日本の土を踏ませない。そんなシーンがありました。

日本が沈没しそうになっているのにそんなことを言ってる暇があるのか。と首をかしげたくなるようなシーンでしたが、恐らくその差別は日本が失われることによる彼らの防御反応であり、言ってしまえば仕方のないこと…かもしれません。今まさに目の前で日本が沈むわけですから、それと同時に彼らの内にある日本の魂(という幻想)も沈んでいくと錯覚してもおかしくはないです。(最終的には日本の魂がネット上でアーカイブとして生き続けるわけですが)

あとは物資の略奪、飛び交う怒号、デマに踊らされる民衆、多数派について行ってしまう心理。大規模な震災が起きれば確度の高い情報を入手するのも困難になるでしょう。皮肉なことに「日本のメディアは信用できない」といった描写もありました。もし実際にこんな災害が起きたら私も日本のメディアを信用することはないでしょう。日本のメディアよりも海外のメディアの方がまだマシ…。そういったバイアスが今この瞬間にも私の脳を侵していることに恐怖を覚えるのです。

恐怖に支配された人々は何をするでしょうか。殺人・強奪・強姦。もはや何でもアリ。「日本沈没2020」ではそういったシーンも多少は描かれましたが、実際にはもっと危険な状況になるのでは…。安全地帯がどこにもないわけですから、船で日本から脱出する場面で突如として軍と同程度の力を持つ盗賊団が現れてもおかしくないはずです。

本質は「妄想すること」

……とまあ、そんな妄想をひたすらしてました。「日本沈没2020」の本質はまさにコレ(妄想すること)かもしれません。観ている間、そして観終わった後にどんな妄想をするのか。人によって妄想の内容は違うでしょう。恐らくほとんどの方がかなりネガティブな妄想をしたはず…と予想します。

とにかく太陽光で充電できるスマホケースが欲しくなりました。日本が沈没することは恐らく無いとは思いますが、日本は地震大国なので。準備だけならいくらでもできます。

アウトドアでも使えそうなモバイルバッテリー型のソーラーチャージャーならありました。