18ワールドシャウラ17114R-2実釣インプレ。陸っぱり最強の1本か?

シマノから2018年4月末に発売されたベイトロッド「NEWワールドシャウラ 17114R-2」をレビュー。飛距離はもちろん、とにかく感度がとてつもない。最低7gから100g超えのビッグベイトも投げられる、ブラックバスの釣りにおける最強の釣り竿かも。ライトショアジギングでも一応使えます。

広告

「NEWワールドシャウラ 17114R-2(以下、17114R-2)」が発売されてから何十回と使ってきた感想を淡々と述べていきます。恐らく17114R-2はバス釣りにおいて最強のロッドと言えるのではないでしょうか。

World shaula 2018 review5

その理由は主に以下の4つ↓

  • 他のロッドとは比較にならないくらいの高感度
  • 軽いワームから重量級のルアーまで投げられるバーサタイル性
  • 仕舞寸法130cmで収まる快適性
  • 7フィート11インチ(2.41メートル)の長さをいかした圧倒的飛距離

正直最初は、使い勝手はゾディアスなどの格安バスロッドとほとんど変わらないと感じていました。しかし使えば使うほど17114R-2の凄みが明らかになっていき、もう手放すなんてことは絶対にしたくないと思うようになっていきました…!

17114R-2と似た安いロッドが欲しければ、ゾディアスの172H-2を買えば十分です。ただし「他の人よりも魚を釣りたい」「どうせ長く釣りをするなら高くて丈夫な竿を使い続ける方が良いに決まってる」という考え方を持っている人は、長期的に見れば17114R-2の方がお得と言えるでしょう。1本6万円以上しますけどね…。

というわけで、17114R-2を使って分かった悪い部分や良い部分を包み隠さず紹介していきます。ちなみに主に以下のタックルで17114R-2を使用しました。

17114R-2のスペック

品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 適合ルアーウェイト(g) 適合ラインナイロン(lb) 適合ラインPE(号) テーパー
17114R-2 2.41 2 130.0 160 15~80 16~40 MAX4.0 R

「NEWワールドシャウラ 17114R-2」のココがダメだ!

トリガーの取り付けを忘れたら地獄

17114R-2はトリガー交換モデルなので、通常のトリガーとは別の、自分に合ったトリガーを取り付けられます。

しかし正直なところブラックバスを釣るくらいなら、初めから取り付けられている通常のトリガーで十分ですし、「トリガーを外せる」という仕様がトラブルを起こすことがあるのです。

それは「トリガーを家に忘れてしまう」ということ。釣行後に17114R-2を風呂場のシャワーで軽く洗い流した後は、17114R-2を完全に乾かすためにはトリガーも外す必要があります。

そして次の釣行の時に、トリガーを忘れてしまうという失態を犯してしまうことがたまにあったりするのです。

World shaula 2018 review2

現地に着いてからトリガーが無いことに気づいても、もう遅いです。トリガーが無い状態のまま釣りをすることになります。

ただ幸いなことにトリガーが無くても、キャストの正確度は確実に下がりますがルアーをギリギリ投げられてしまいます。それはそれで新鮮で楽しかったりもするのですが、やはりトリガーはあった方がしっくりときます。

グリップがコルクストレートじゃない

2652R-2だとコルクストレートグリップになっているのですが、17114R-2はグリップがコルクストレートではありません。センターグリップは渋めな赤のグリップになっています。

色はただの赤ではなく、村田基氏が1年以上試行錯誤した「スーパーレッド」

色はただの赤ではなく、村田基氏が1年以上試行錯誤した「スーパーレッド」

個人的にはコルクストレートグリップの方がルアーを投げていて気持ちよくて好みなのですが、17114R-2がトリガー交換に対応したモデルのせいか、17114R-2はコルクストレートグリップではなくなりました。

コルクストレートグリップじゃなくてもどうってことないのですが、気になる人は気になるかもしれないですね…。

コルクの作りが粗い?

なんというか、新品の17114R-2が届いた時からコルク部分の作りが粗い気がします。ダイワのコルクの方がまだ少し品質が高いような…。ハズレを引いてしまったのでしょうか?

が、何十回と使っていると結局ボロボロになってしまうものなので、あまり気に病むこともないですね。

まだ未使用の時のコルク

まだ未使用の時のコルク

かなり使い込んだ後のコルク。まあまあボロボロに

かなり使い込んだ後のコルク。まあまあボロボロに

「NEWワールドシャウラ 17114R-2」の良い部分は?

圧倒的な高感度

17114R-2を使っていて一番感動したのはその感度。安い竿と圧倒的に違うのは感度です。

とにかく情報が手にまで伝わってきます。シャッドテールのテールが水草の茎に引っかかる感じや、池の底のコツコツとした状態が明確かつハッキリと分かるのです。

確かに魚を釣るだけなら格安のロッドで十分でしょう。しかしワールドシャウラの感度はもはや異次元のレベル。この感度だけでも買ってよかったと思いました。

抜群の飛距離

17114R-2は7フィート11インチ(2.41m)もの長さがあるので、ちょっとした重さのあるルアーやワームなら想定の距離よりも遠く飛んでいきます。

私がそこそこ長く使ってきたゾディアス172H-2の長さは7フィート2インチ(2.18m)。もう明らかに17114R-2の方が遠く飛びます。高比重ワームのファットイカも、OSPのドライブシャッドも…。

ジャッカルの名作バイブレーションプラグ「TN70 トリゴン」なら、軽く投げても60〜70mは余裕です。風が強く順風かつ本気のフルキャストなら80~90mくらい飛びます。

野池から琵琶湖までに対応する絶妙な長さ

陸っぱりの釣りは、ほとんどの場所で飛距離が重要になってきます。と言ってもロッドが長すぎるのもあまり良くありません。

木の枝が多すぎてキャストしづらい野池だと、ロッドの長さのせいでキャストするたびにストレスがたまります。これは17114R-2の場合でも例外ではありません。

正直、17114R-2は木の枝が多い場所ではギリギリ使えるかどうかの長さです。さすがに使いやすい長さではありません。

しかし、雑草や水草が伸び切っている場所ならその長さがむしろ有利に働くことがあります。例えば水草が岸側で生えってしまっている場合、17114R-2は長さがあるのでハードルアーを水草に引っ掛けずに回収できます。

17114R-2だと攻めづらい箇所に遭遇することもありますが、攻めきれないわけではありません。かなりギリギリな長さです。

正確なキャストがしやすい

17114R-2は長さの割に、遠投しても狙った位置にルアーが届くことが多いです。恐らくその理由は、ロッドを高強度化するための技術である「スパイラルXコア」や「ハイパワーX」のおかげでしょう。

キャスト時はとにかく竿がブレません。60g〜100gのビッグベイトを投げていてもそれは同様です。

ロッドパワーがありながらも楽しい釣りができる

17114R-2は強い竿です。水草や藻にルアーが引っかかっても、大量の水草と藻と一緒に引き上げることなんて余裕で可能です。

17114R-2の良いところはロッドパワーが強いのに、ロッド自体の感度が高いために魚の引きを純粋に楽しめるところにあります。

50cm以上のブラックバスの引きなんて、それはもう最高です。個体にもよりますが、元気なブラックバスなら「グングン…グンッ!」という強い引きを明確に感じ取れます。

他の釣りにもガンガン使える

17114R-2はブラックバスの釣りだけでなく、海釣りにも使えます。そもそもワールドシャウラはブラックバス専用の竿ではなく、なるべくあらゆる釣りに使えるように設計されています。

17114R-2の場合、メタルジグをぶっ飛ばして様々な魚種を狙う「ライトショアジギング」でも使えます。

DC搭載のベイトリールならスコーピオンDCでも40gのメタルジグが60~70m、20gなら50~60mは飛びます。風などの状況によってはもっと飛ぶかもしれません。

サーフでマゴチやヒラメを狙うのにも使えるので、17114R-2をブラックバスだけに使うのは非常にもったいないです。シーバスを釣るのにも全然使えますよ。

結論:コスパは微妙だが、長く使うならアリか

正直、ワールドシャウラシリーズは高いです。最低でも1本で6万5千円以上します。コストパフォーマンスの観点から見れば最悪の竿のように思えるでしょう。

しかしよく考えてみてください。これから3年、5年、そして10年とワールドシャウラを使い続けるとなれば安いモノです。仮に10年も耐えられれば1年あたり6,500円の費用で済みます。毎年安い竿を買って折るより、最高クラスの竿を使い続ける方がお得と言えます。

しかしワールドシャウラも無茶な使い方をすれば折れます。といっても17114R-2の場合、人為的に壊そうとしない限り折れる気が全くしません…。一体何年もってしまうのでしょうか。

とにかく私は17114R-2でほぼ何でもやってしまいます。7gからならギリギリ投げられますし、ビッグベイトやビッグクローラーベイトを投げたい時も17114R-2なら最適です。

大体10gくらいのルアーやワームを普通に投げられて、80gまでのビッグベイト(スライドスイマー175等)を安心してフルキャストできています。100g以上のビッグベイトともなるとフルキャストはせず、いつもより慎重に投げます。

80gほどあるスライドスイマー175くらいまでなら快適にフルキャストできます

80gほどあるスライドスイマー175くらいまでなら快適にフルキャストできます

まぁ値段は高いですけど、陸っぱりで1本だけロッドを持っていくならほぼ何でもできてしまう17114R-2がベストだと思っています。次点でゾディアスの172H-2ですかね…。

18アンタレスDCMD実釣インプレ。16アンタレスDCと比較してレビュー

2018.04.19