バスプロが釣ったブラックバスの総重量を競う『陸王』が面白すぎる

バス釣り初心者は必見!百戦錬磨のバスプロ達が己の技術・経験・勝負勘を駆使して、陸っぱり(岸釣り)限定の本気のバス釣り勝負を繰り広げる「陸王」という釣り対決作品が最高に面白い。釣りのスタイルが全く違う人同士の対決が燃える!

広告

陸王とは?

陸王とは、ものすごく簡単に言うと「バス釣り対決」です。ルールは基本的に、最大10匹のブラックバスの重量を競い合うというもの。

行われる期間は二日間。一日の中で5匹以上釣った場合、一番重量の低いブラックバスをそれ以上に重いブラックバスと交換して総重量を計算します。

例えば5匹のブラックバスを既に釣っていて、その5匹の中に200gのブラックバスが入っている場合、次に300gのブラックバスを釣れば200gのブラックバスと300gのブラックバスが交換されて計算されます。つまり、総重量は100g増えます。

一日に釣れる魚の数は5匹まで。二日目になると総重量はリセットされませんが、釣った魚の数はリセットされます。つまり、最大10匹のブラックバスの総重量を競い合うことになります。

初めに一対一の予選が行われ、決勝では四人が戦います。対戦は同じフィールド・同じ時間に行われます。

陸王のどこか面白いのか

競技としてちゃんと成立している

陸王の面白さを挙げるとすれば、それはやはりルールがしっかりと決まっていることでしょう。使用できるロッドは2本までと決まっていますし(2008~2011年頃はちょくちょくルールが変わってました)、条件が皆平等なので、負けても言い訳できる要素が極限まで少ないのが、出場者を本気にさせる要因だと思います。

また、バス釣りと言えばほとんどの人がボートではなく、岸から行う釣り、要するに陸っぱりで釣りをしています。トーナメントや取材で百戦錬磨のバスプロ達が、一般人とほとんど同じ条件で釣りをするところに親近感を覚えるというか、とても参考になるわけです。

釣法や使っているルアー・ワームが参考になる

バスプロというのは凄いもので、過酷な状況でも大抵1匹は釣ってきます。その方法がめちゃくちゃ勉強になるんです。

例えば川村光大郎氏はとにかく走りますし、ジャッカルの偉い人でもある加藤誠司氏のサイトフィッシングの技術には度肝を抜かれました。

陸王は釣り作品の中でも人気が高いシリーズなので、バス釣りをしている人のほとんどは観たことがあるのではないでしょうか。そのせいか、陸王で登場したルアーやワームは人気が高まる傾向にあります。

やっぱりみんな、バスプロのマネをしたくなるんでしょうね…。

個性ある釣り人たち

やはり一番面白さを感じるのは、釣りのスタイルが全く違うバスプロ同士の対決です。繊細な釣りを得意とする青木大介氏のような人もいれば、一方はビッグベイトやアラバマリグ、ワームの大遠投を得意とする奥田学氏もいます。

戦い方が全然違う人同士だと、一体どんな結果になるのか楽しみで仕方なくなるわけです。

他にも大ベテランが登場する回もとてつもなく面白いです。例えば陸王2014の田辺哲男氏。そして陸王2015の加藤誠司氏。なんやかんやで大ベテランの技術と経験は凄いです。

陸王をお得に観る2つの方法

Amazonで動画をレンタルする

そんな「陸王2016 シーズンバトル01春・初夏編」でしたが、私はAmazonのレンタルで観ました。レンタルと言ってもいちいち面倒な手続きは必要なく、500円払えばブラウザやFire TVが接続されたテレビで即視聴可能です。(視聴開始後は48時間後にレンタルが終了)

一度しか観ないなら3000円ほどするDVDを買って観るよりも、Amazonで動画をレンタルする方が手間も料金も圧倒的にお得ですが、知らない人もいるので一応紹介しておきます。また、Amazonの動画の方が高画質です。

U-NEXTで無料で観る

そして、最もお得なのが「U-NEXT」です。

U-NEXTは月額制の日本最大級の動画配信サービスで、陸王作品も一部ではありますが配信されるようになりました。

ビデオ見放題サービスの月額利用料は1,990円と少し高めですが、「31日間無料トライアル」を利用し、31日以内に解約すれば実質無料です。



ちなみにFire TVをテレビに接続すれば、U-NEXTもAmazonで借りた動画も綺麗かつ大画面で楽しめます。