スマホの「衝撃吸収系」液晶保護フィルムには1個だけ欠点がある…!!

エレコム等から発売されている格安の衝撃吸収系の液晶保護フィルムにはデメリットがあります。それは細かな傷がつきやすいこと。気をつけていても知らない内に線傷が出来ています。傷が嫌な人は最初から、傷に強いガラスフィルムかユーピロンフィルムを購入しておくのが吉。

広告

衝撃吸収系のフィルムは傷が付きやすい

スマホの衝撃吸収系の液晶保護フィルムには欠点があります。それは「細かな傷が付きやすい」こと。

白い線の部分が傷

白い線の部分が傷

上記のフィルムはエレコムから発売されている衝撃吸収フィルムで、型番はPM-A17XFLFPAGN。指紋が付きにくい機能があり、光沢感・透明感もあって使い心地はかなり良い方です。

けれどもいつの間にか細かい傷がたくさん出来ていました。別にスマホを落としたりしていないのにです。鍵と画面が擦れたりしたせいでしょうか。

こういった細かい傷は最新のiPhoneの画面ならまずつかないのですが、衝撃吸収系のフィルムでは簡単に傷が出来ます。

コスパの高い安いフィルムは傷がつきやすい?

私が買った衝撃吸収系のフィルム(型番はPM-A17XFLFPAGN)のエレコムの商品紹介ページを読んでみると、「傷がつきにくい」とはどこにも記載されていません。

高硬度で傷がとてもつきにくいとされているガラス系フィルムのゴリラガラスやドラゴントレイルといった商品だと、傷がつきにくいことがアピールされています。

ただし、ゴリラガラスとかドラゴントレイルといったガラスフィルムって衝撃吸収系のフィルムと比較して値段が高いんですよね…。やはり安物のフィルムでは傷対策が施されない傾向にあるのでしょうか。

でも傷はあまり気にならない

幸いなことに、衝撃吸収系フィルムは傷がつきやすいですが特に支障は出ていません。

支障があるとすれば、ブラウザ系アプリで背景が白いページに出くわした時に(ニュースサイト等でよくあります)、傷の部分が少しだけ虹色っぽく光る点でしょうか。

けれども、そんなことくらいは速攻で慣れます。そしてHuluやNetflixといった動画配信サービスのアプリで海外ドラマや映画を視聴している時は、傷部分が全く気にならなくなります。画面の色が複雑に変わるからでしょうか。

どうせなら最初からユーピロンフィルム一択

個人的には少しお金を出してでも傷のつきにくいフィルムを買っておけばよかったかなと思っています。

傷自体には完全に慣れたのですが、たまに傷を見ると後悔がよぎるのです。

高硬度なガラスフィルムと言えばゴリラガラスやドラゴントレイルといった種類がありますが、どうせ買うならユーピロンですかね。ユーピロンならガラスと衝撃吸収のハイブリッドなので、割れにもある程度強いです。

iPhone XS/XS Max/XR対応のおすすめ液晶保護フィルム・ガラスまとめ

2018.09.16